*

様々なことで取得が考えられる特許

特許取得できるものは様々だと思っています。

それが商品という形じゃなくても、物を作り出す技術だって取得できるというのですが、例えばペットのためのアイテムに何か良い工夫がされているものを発明できたとしたら、その作り方などを技術面での特許として取得すれば、ライベル会社はそれを簡単に真似をすることができません。特許出願中とするだけでも商品が売れる可能性が高くなります。

様々なことでと言いましたが、これならどうだろうというアイディアや発明があれば、スプリング国際特許事務所で相談をするだけでも良いと思います。画期的なもので実用的に大変よいものならいち早く申請をしてしまったほうが良いからです。

技術面、または使うことで良い効果があるものなら、研究所などでのデータをとっておくのも必要です。それが証明となるからです。モニタを使うという手もありますが、数値的なもので確実となるデータは申請時にも必要になるからです。

何かを作るためのプロセスを技術として特許取得をする。使ってみて大変よいものなら実用新案権を取得する。商品名としてブランド化したほうが良いのなら商標登録をとってみる。といった具合で「これは我々のもの」として権利が主張できるようにしておくことで、独占的に販売をすることができます。



コメントする